logo
レシピ食材レストラン トップページ
左title特集.GIF (2234 バイト)

button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1
button1

  
やし右.gif (5206 バイト)WTtitle SD.GIF (2271 バイト)やし左.gif (5218 バイト)
  
   

タイのフルーツタイトル

 タイのトロピカルムード満点のフルーツ。
日本では見た事もない美味しさが一杯です。
 食べ方も紹介していますので、タイに行ったら初めてのフルーツに挑戦してくださいね。

【オーイ】
別名: さとうきび
食べ方: 生のまま、口に含んで汁を吸う。ジュースでも売っている。
食べごろ: 通年
解説: イネ科の多年草。果物ではないが、これもフルーツ感覚で食べる。屋台などで、売っている。「オーイ・クアン」とも呼ばれる。
ポイント: タイでは、黄色っぽいものが多いという。
【カヌン】
別名: 波羅蜜、ジャックフルーツ
食べ方: 生のまま、シロップ漬け、ジュース、乾果など。料理にも用いられる。
食べごろ: 8〜11月
解説: クワ科。果実は円筒形で直径15〜20cm、長さ20〜60cm、重さは10〜40kgにもなるという。世界最大のフルーツとも言われる。ドリアンのとげを取ったような見た目。黄色いベトッとした固めのゼリーのような歯ごたえの果実。パイナップルに似た強い香り、酸味は少なく甘味が強いのが特徴。
ポイント: ロ・チョン・シンガポール(デザート)にも使用しているので、是非参照を。
【クランチアップ】
別名: ロゼル
食べ方: お湯で煮立てて、赤いジュース(ナム・クランチアップ)にする。それを冷やして砂糖を加え、甘くした飲み物にする。また、缶詰でも売っている。
食べごろ: 乾期
解説: 乾期に入ると、ずんぐりした実を結ぶ。その花の部分を、食すという。クランチアップ・デューンとも呼ばれる。
ポイント: 生は、タイでしか手に入らない。瓶詰めのジュース、缶詰なら、日本でも手に入るらしい。
【サッパロ】
別名: パイナップル 22a.jpg (10367 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 生のまま、ジュース、シロップ漬けなど。
食べごろ: 4〜8月
解説: パイナップル科。日本でも手軽に購入できるが、日本のものより甘い。
ポイント: 下のほうが甘いので、下膨れのものが良いといわれている。
【ソム】
別名: みかん 17a.jpg (11524 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: ジュースにするのが主流。冷やして生のまま、など。
食べごろ: 9〜11月
解説: 水分が多く、甘い。小型種は、ソム・キアン。中型種は、皮の青々したソム・キャオワーンやソム・チェ(ク)。
ポイント: みかんと言っても、どちらかというとオレンジに近い。
【ソム・オー】
別名: ポメロ、ザボン 3a.jpg (7711 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 冷やして生のまま、など。サラダにも、良く使う。
食べごろ: :8〜12月
解説: 柑橘類の一種。淡黄色と桃色がある。酸味のない、グレープフルーツのような味。
ポイント: バンコク西部のナコーン・パトムあたりのソム・オーはおいしいと言われている。
【チョンプー】
別名: ジャクフトモモ、ジャンブ 41a.jpg (10291 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 生のまま、など。
食べごろ: 11〜3月
解説: さくさくした歯ざわりが特徴。割と小型で、三角形。甘味はあるが、味は淡白である。
ポイント: 癖のある料理をいただいた後に。
【テーン・タイ】
別名: メロン
食べ方: 生のまま、など。
食べごろ: 雨期中の短期間
解説: ウリ科。日本の物とは少し見た目が違っていて、黄色味がかった緑色をしている。また、形は楕円形で、スイカぐらいの大きさをしている。ほんのり甘い。
ポイント:
【テーン・モー】
別名: スイカ
食べ方: 生のまま、ジュースなど。町では、切り売りも行われている。
食べごろ: 10〜3月
解説: ウリ科。割と小玉で、縞模様・黒色の皮である。果肉は、赤や黄色。形は、丸型より、楕円形が多い。
ポイント: ジュースについては、第76回のWeeklyTalkを参照のこと。
【トゥリアン】
別名: ドリアン
食べ方: 生のまま、アイスなど。
食べごろ: 5〜9月
解説: パンヤ科。鋭いとげに守られている皮の中の果実を食用にするフルーツ。「果物の魔王」とも言われている高級果実。果実はクリーム色で粘り気が強く果汁は少ない。また、特有な酸味と腐敗したような匂いも持つ。チーズと蜂蜜を合わせたようなとろけるような甘い味と言われている。
ポイント: 高級品種のモントーン・カンヤーオなら、匂いは薄め(熟れきる前も匂いは薄いが、熟したものが良いと言われている)。アルコールとは、一緒に食さないこと。(あくの強い果物は、アルコールとは一緒にできない)
【ノイナー】
別名: カスタードアップル、ブッタズヘッド、シャカトウ、バンレイシ 12a.jpg (9863 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 生のまま、ジュースなど。
食べごろ: 5〜9月
解説: 仏様の頭ように、凹凸がある果実。クリーミーで、非常に甘い味。砂糖菓子のように舌触りが、ザラッとしている。
ポイント: 「カスタードアップル」とは言え、味はりんごとはまったく違う。種が、多い。
【ファラン】
別名: グァバ、バンジロー 6a.jpg (10196 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 生のまま、漬物など。青い実を食べる。未成熟のままで食すので、香りが薄く、青りんごのような味で酸味がある。種は少ないので、割と食べやすい。
食べごろ: 通年
解説: フトモモ科。果肉は多汁で、石細胞が多い。カリウム、ビタミンCを含む。
ポイント: タイで食べるのは、あまり果物っぽくない味。食べ応えがある。
【マッカーム】
別名: タマリンド 34a.jpg (10128 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 落花生のようなからを割って、中の干し柿のような実を食べる。
食べごろ: :2〜5月
解説: マメ科タマリンド属の常緑高木。マメ科であるが独特の粘りと甘味、酸味がありフルーティー。 お湯で溶いて調味料にすると、濃厚なペースト状になる。
ポイント: 殻を割ると、干し柿のような実が入っている。ネチャネチャした食感を楽しむ、大きな種に注意。
【マナーオ】
別名: ライム、レモン
食べ方: ジュース、など。調味料としても使用する。
食べごろ: 通年
解説: 柑橘類。日本のすだちに似た小型種。
ポイント: あまり、生のままでは食さない。
【マファン】
別名: ゴレンシ、スターフルーツ、ヤンタオ(羊桃) 59a.jpg (8772 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 生のまま、など。
食べごろ: 通年
解説: カタバミ科。サクサクした歯ざわり。水分たっぷり、甘さが淡白な味。
ポイント: 漢字で書くと「五稜子」で、切り口が星型になる。果皮は薄くて柔らかく、肉離れが悪い。
【マプラーオ】
別名: ココナッツ
食べ方: ジュース・フレーク(胚乳部分)・ミルク(胚乳をフレークにしたものを絞ったもの)・オイルなど、デザートから料理まで幅広く使用される。
食べごろ: 通年
解説: ヤシ科の常緑高木ココやしの種子。未成熟のココナッツは中央に液体がある。熟すにつれて胚乳が内皮側から白いゼリー状になり、やがて固形の層になる。この固形の層が、ココナッツパウダー、ココナッツミルク、ココナッツオイルの原料になる。
ポイント: 果汁、果肉が食べられるのは未成熟のココナッツ。
【マムアン】
別名: マンゴー 82a.jpg (9971 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 熟していない青い実を食べるのが一般的。熟しきったものは、もち米と一緒に食べる。
食べごろ: 3〜6月
解説: ウルシ科。果実を食用にする。中央に平たい種がある。クエン酸・ビタミンC・カロチンを含む。
ポイント: 銘柄があり、オクローン・ピムセーン・プラームカーイミアなど。肉厚のものより、薄いほうが味が良い。また、完熟する手前の、少し酸味のあるものが良いとされている。
【マラコー】
別名: パパイア、モッカ(木瓜) 24a.jpg (13236 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 冷やしてスライスにして、デザート・おやつとして食べる。青いパパイヤは、ソム・タムというサラダにして、もち米と一緒に食べる。
食べごろ: 通年
解説: パパイア科。消化酵素を多く含む。未熟なうちは緑色で、熟すにつれ、黄色からオレンジ色になる。
ポイント: タイのパパイヤは、大きい。生のまま、ライムを絞って食べるのがたまらないらしい。果汁にパパインというたんぱく質分解酵素を含むので、ゼラチンで果汁ゼリーを作ろうとしても固まらないので注意。
【マンクッ】
別名: マンゴスチン wpe2.jpg (2488 バイト)
食べ方: 生のまま、シロップ漬け、など。
食べごろ: 5〜9月
解説: あっさりした甘味をもつ味。黒紫の厚い外皮の中に、白くて柔らかい果肉が詰まっている。
ポイント: 別名「フルーツの女王」
【ラーンサー】
別名: ズク、ランサ 44a.jpg (14112 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 生のまま、シロップ漬け、など。
食べごろ: 7月〜10月
解説: たまご型で、薄い茶色い皮を持つ。甘味・酸味・渋みがある。
ポイント: 甘味・酸味・渋みがあるため、おもしろい味と言える。
【ラムッ】
別名: サポジラ、チク 7a.jpg (12539 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: 生のまま、シロップ漬け、など。
食べごろ: 9〜12月
解説: 舌触りは、ザラザラしている。とても、甘い。たまご型。
ポイント: 干し柿に似ている。
【ラムヤイ】
別名: 竜眼
食べ方: 生のまま、シロップ漬け、など。
食べごろ: 6〜8月
解説: ムクロジ科。硬い茶色の皮をむくと、ぶどうのように寒天質で多汁な透明の実がある。
ポイント: 「大きくつややかな瞳になれるので女の子に食べさすと良い」という言い伝えと「食べると涙が出やすくなるので女の子に食べさせないほうが良い」という言い伝えがある。
【ルークターン】
別名: 砂糖椰子の実、オウギヤシ、ウチワヤシ、ペルミラヤシ
食べ方: 半透明の胚乳の部分をジュースとして食す。さっぱりしている。
食べごろ: 花梗に傷をつけて樹液を取る。それを椰子酒として発酵させたり、煮詰めて椰子糖という風味のある砂糖を作ったりする。
解説:
ポイント: 日本では、なかなか食べられない
【リンチー】
別名: レイシ、ライチ 84a.jpg (12363 バイト)
※写真提供:タイ政府観光庁
食べ方: ムクロジ科。紅褐色でうろこ状の皮をむくと、直径3cm程度の球体の果実がある。果肉は多汁で甘味と芳香が豊か。
食べごろ: 生のまま、シロップ漬け、など。また、酒の原料にも用いられる。
解説: 4〜6月
ポイント: ちょっと高めの果物。種離れは、良好。
【ンゴ】
別名: ランプータン
食べ方: 生のまま、シロップ漬け、など。
食べごろ: 5〜9月
解説: ムクロジ科。直径5〜6cmで、たまごぐらいの大きさ。大きい種が、半透明の果肉にくっついている。鮮やかな赤い皮は、とてもむきやすい。柔らかいとげがついている。甘味と芳香が豊か。
ポイント: ライチに毛が生えたような、見た目。
【フルーツ旬の時期表】
 tabegoro.gif (9745 バイト)


ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square