logo
レシピ食材レストラン トップページ
左title特集.GIF (2234 バイト)
ココナッツウォーターへのリンクボタン ココナッツパウダーへのリンクボタン ココナッツミルクへのリンクボタン ココナッツファイバーへのリンクボタン ココナッツミルクパウダーへのリンクボタン ココナッツオイルへのリンクボタン ヤシ殻炭・活性炭へのリンクボタン ココナッツシュガーへのリンクボタン ココナッツ体系表へのリンクボタン
  
やし右.gif (5206 バイト)WTtitle SD.GIF (2271 バイト)やし左.gif (5218 バイト)
  
 

coconut1のタイトル
―ココナッツの恩恵をまとめました―

ココナッツの発芽写真    出典:healthil.jp 
 ココナッツの一生は、熟して落ちて来る実(ヤシ爆弾)から始まります。海岸では波に浚われ、流れ着いたところで発芽します。
7年ほどで実を付けるようになり、以後50年以上年間凡そ50個の実を付けます。何とも力強くエコな植物でしょうか。 ココナッツは捨てると所がないとないと言われます。
 ココナッツからは次のような多彩な製品が取れます。そしてそのどれもが他に類を見ない、優れた特徴、効能を有しているのには驚きます。


5.ココナッツミルクパウダー
ココナッツミルクパウダー商品写真 width= ココナッツミルクを噴霧して熱風乾燥、粉末状にしたものがココナッツミルクパウダーです。
使用するときには3倍程度のお湯で戻します。ココナッツパウダーと混同されますが、全く別のものです。

ココナッツミルクパウダーの写真 width= 少々割高で使うときにお湯で戻さなくてはなりませんが、乾燥しているので日持ちが良く、少量ずつ使用するのに適しています。
液状のものより脂質が少なくさっぱりしているので、お湯に溶いて飲んでも美味しく、コーヒーのミルクパウダーとしても使えます。濃厚な風味のタイ料理には、脂質の多い液状のものをお勧めします。  
 
  
6.ココナッツオイル

ココナッツオイル商品写真 ココナッツミルクを煮詰めて抽出したオイルです。胚乳の60%は脂質なので、胚乳の半分ほどがオイルとして抽出されます。 残った残渣は低質のココナッツミルクとして使用します。
60-70%は中鎖脂肪酸(炭素結合の鎖が短い脂肪)です、そしてその半分以上がラウリン酸(C12H24O2)、母乳にも含まれている有用成分です。
ココナッツオイルの写真 width= 中鎖脂肪酸は体内で直ぐに分解吸収され、ケトン体として代謝しますので、エネルギー補給に有効な食品です。
 ココナッツオイル100gで900Kcalと、非常に高カロリーですが心配は要りません。中鎖脂肪酸は体内の分解吸収で、ぶどう糖にはなりませんので血糖値は上がりません。
 食前にココナッツオイルを 摂取すると脂肪の吸収を抑制します。 また中鎖脂肪酸が分解する過程で、体内の長鎖脂肪酸の分解も促すとされ、 ダイエットに効果ありと言われています。
 肌に塗ると日焼け防止、肌に潤いを与え美肌効果、頭髪ではトリートメントやコンデショナーとして使われています。 髪に栄養を与えツルツルサラサラ効果があります。


7.ヤシ殻炭、活性炭

ココナッツの内殻写真  出展:cocowork.com
 ヤシの固い内殻を蒸し焼きにすると、火力が強く火持ちの良いヤシ殻炭になります。これを更に高温で蒸し焼きにすると ヤシ殻活性炭になります。
 ヤシ殻は捨てると重く嵩張りますので、有効に使えるのは良いですね。ヤシ殻は固く、炭素部分が多いことから、良質の炭や活性炭が得られます。

ヤシ殻活性炭の写真   出展:cocowork.com
 活性炭1gの表面積は凡そ1500uにも及び、 表面に様々な不純物質を吸着します。 水の浄化、消臭、除湿調湿など、様々な用途に優れた効果があります。
 家庭用のポット型浄水器は多量の活性炭で、水道水を時間を掛けてゆっくり吸着ろ過します。ミネラル分を残しつつ、不純物を取り除きますので飲料、料理には最適の水になります。
   
8.ココナッツシュガー

タイ産ココナッツシュガー写真  出展:ameblo.jp/hiro-1
 ココナッツシュガーはココナッツの実から採れる訳ではありません、ココヤシの花蜜から作られたヤシ糖です。
  顆粒状のものが多いですが、これらはココヤシの樹液を煮詰めて作る、ココヤシパームシュガーです。

 タイ産のものはペースト状ですが、これが花蜜から採れたココナッツシュガーです(花蜜は普通ペースト状ですよね)。
 花蜜はココナッツのつぼみの根元を潰し、搾り出したものです。樹液から採れたものも、花蜜から採れたものもココナッツシュガーと 言われますが、明らかに違うものなので厳密に分類しました。
ココナッツシュガーの写真  出展:roughasia.com

 花蜜ですから豊富なビタミン、ミネラルを含み、まろやかで香ばしくすごく甘いのが特徴です。GI値(摂取後の血糖値上昇度を示す指標)が値が低いことから、ダイエット糖として注目を集めています。
 このようメリットから、砂糖の代替品として愛用されています。
 
9.ココナッツ体系表
                                                                       
名称原料製法
ココナッツウォーター未成熟ココナッツ胚乳部に溜まった水分
ココナッツパウダー成熟ココナッツの胚乳胚乳を削いで乾燥
ココナッツミルク成熟ココナッツの胚乳胚乳を削いで煮て布で絞る
ココナッツファイバーココナッツミルクの搾りカス搾りカスを乾燥
ココナッツオイルココナッツミルクココナッツミルクを煮て抽出
ココナッツミルクパウダーココナッツミルクココナッツミルクを噴霧熱乾燥
ココナッツシュガーココ椰子の花蜜つぼみを搾って花蜜を抽出
ココヤシパームシュガーココ椰子の樹液樹液を煮詰めて乾燥
ヤシ殻活性炭ココナッツの殻ヤシ内殻を高温で蒸し焼き
    

自然の恵みココナッツ(1)へ



ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square