logo
レシピ食材レストラン トップページ

食材左index.GIF (2921 バイト)
  
titletyomiryo.gif (5217 バイト)
    
tyomiryobutton.gif (410 バイト)ナムプラー
タイで用いられる魚醤油でタイ料理には必須の調味料です。同様のものとして、日本のしょっつる(秋田)、いしる(金沢)、いなかごしょうゆ(香川)、ベトナムのニョクナムなどが挙げられます。質の良いものほど、色が薄く透明度が高くなります。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)シーユー・ダム
大豆を主原料としていますが、シーユー・カオに比べ、どろっとして香りがあり、かつ甘味が強い調味料です。甘口の「ワン」と薄甘口の「ケム」の2種類あり、料理の味つけや付けダレに利用されます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)ナム・マン・ホイ
オイスターソース」とも呼ばれます。
生ガキを塩漬けにして発酵させ、その上澄みを取った、醤油のような色をしたペースト状のソースです。タイではもっぱら、隠し味の材料として利用されます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)ナム・チム・ガイ
原料はチリソースと同じですが、チリソースに比べ砂糖と酢の割合が高く、酸味と甘味が強くなっています。「スウィートチリソース」と呼ばれることもあり、春巻きやタイ式さつまあげなどの揚げ物や肉料理、焼き物のタレとして用いられます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)シーユー・カオ
大豆から作るタイの醤油で、薄口醤油に相当します。つけだれとして使うのではなく、もっぱら炒めものや煮物などの味つけに使用します。ただし、ナンプラーほど頻繁には使用されません。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)チリソース
赤唐辛子、砂糖、食酢、塩、にんにくを原料としたタイのソースです。辛味と、にんにくの香りが強いのが特徴で、揚げ物のタレとして用いられたり、その他、炒めものや麪料理、御飯物の調味料としても使用されます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)トムヤムペースト
このペーストにはハーブ類が混ぜてあるので、具とナンプラーがあれば簡単にトムヤムクンが作れるようになっています。タイでも人気のある製品です。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)タオチオ
大豆を原料とした調味料です。中に大豆の粒がたくさん入っているのが特徴で、味噌を薄めたような感じがします。炒めものや御飯もののタレなどに使用します。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)カピ
タイの蝦醤。英語ではシュリンプペーストといいます。小海老を塩漬けにして作るペースト状の調味料で、タイでは多くの料理のダシとして用いられます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)ナムプリック
唐辛子やにんにく、シャロットなどをクロックでつきあわせて作る辛味噌です。材料によって、いろいろなものがありますが、そのままご飯にのせて食べるものと、汁物の調味料として使用するものの2種類に大分されます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)シーズニングソース
大豆から作られる調味料。料理に旨みやコクを出す材料として、とりわけ、炒めものによく使われます。フレーバー・ソース、マギーソースとも呼ばれます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)ナムプリック・パオ
wpe11.jpg (2636 バイト)チリ・イン・オイルとも呼ばれます。干しエビ・玉ねぎ・ニンニク・唐辛子などを油で炒め、砂糖・塩を混ぜて作ります。トムヤムスープの味付けによく使われます。また、エビやカニなどをこれで炒めれば、簡単にチリソース炒めを作ることができます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)プリックキーヌ
wpe6.jpg (1989 バイト)「ネズミの糞のような」という意味の、長さが2〜3cmの唐辛子です。タイでは唐辛子のことをプリックと言い多くの種類がありますが、なかでもプリッキーヌーは辛さが特に強烈で、食べると灼熱地獄が待っています。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)プリックチーファー
wpe7.jpg (1999 バイト)「空を指さす」と言う意味の長さが6〜7cmの唐辛子です。プリックチーファーには赤、黄色、緑などの色がありますが、総じて辛味は弱く、料理に色取りを添えるために使われたりします。名前の由来は空に向かって実がなる事です。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)パームシュガ
wpeC.jpg (2635 バイト)ヤシ科のさとうやし(シュガーパーム)の樹液を煮つめて作る砂糖(椰子糖)です。渦巻状のものと容器入のものがあります。普通の砂糖に比べ風味があり、料理や御菓子作りに用いられます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)乾燥唐辛子
wpe4.jpg (2554 バイト)タイ料理では唐辛子を生で使うことが多いですが、乾燥品も販売されており、いろいろな種類があります。乾燥品は水でもどして、普通の唐辛子と同じように使うことができます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)ココナッツミルク
wpe8.jpg (2455 バイト)ココナッツの胚乳を細かくしたものに熱湯を加えて搾った汁です。タイでは「マプラーオ」と言います。カレーの煮込みに使ったり、料理の仕上げやお菓子作りなどに使用します。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)鶏がらスープ
wpe1.jpg (2512 バイト)だし汁の素です。実際に、鶏からだしを取るよりも手間が掛からないので、タイ料理を含め色々な料理に使われます。粒上のものやキューブ状のものなど色々な種類があり、お湯に溶かして使用します。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)スキヤキソース
wpe8.jpg (2455 バイト)タイで販売されている、タイスキ用のたれです。やや、甘口の味わいです。タイスキの具を、このタレにつけて食べたりしますが、その他の料理の調味料として使用することもあります。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)ポングパロー
中国語で五香粉といいます。もともとは中華料理の香辛料ですが、タイ料理でもよく使われるようになりました。ひめういきょう、八角、シナモン、甘草、陳皮などをブレンドしています。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)フライドオニオン
wpe8.jpg (2455 バイト)薄くスライスしたホムデンを油で揚げたものです。タイでは以前、自分で作って保存しておきましたが、現在ではこのように出来上がったものが市販されるようになりました。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)オプチャーイ
クスノキ科の常緑樹の樹皮を乾燥させたもの。 英語では「カシア」、中国語では「桂皮」、日本では「ニッキ」と呼ばれています。シナモンとよく似ていますが、オプチャーイのほうが色が濃く、形もぶこつで香り・味も強いです。シナモンで代用できます。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)ポイカッ
wpe8.jpg (2455 バイト)中国料理でよく使用される香辛料で「八角」とも呼ばれます。直径約2cmの6〜8片に分かれたさやの中に種子が1個ずつあり、さやごと乾燥して用います。原産地は中国南部からインドシナ。甘い香りがし、煮込み料理や内蔵肉の臭み消し、またお菓子に使用されます。ミックススパイスのポンピロー(五香粉)にも調合されています。においが強いので、家庭では、星の小さい一片を使えば十分。密閉しておけば、2〜3年は保存がききます。 洋名は「スターアニス」です。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)プラーラー
魚に塩を加えて醗酵させたもの。塩の他に、煎った米粉やぬかを加えたもの、また、素材に魚卵や魚の内臓を使用したものもあります。写真は、東南アジア産の淡水魚・グーラミと、塩と水、米粉を原材料としたもので、英語表記は"PICKLED GOURAMY FISH"となっています。尚、このプラーラーから分離した、べっこう色の透明な液体が、ナムプラーとなります。日本の塩辛のような食べ物で、癖のあるくさみを放ちます。また、プラーラーを最も良く使用するのは、ラオスだと言われています。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)ナンノンメーオ
wpe8.jpg (2455 バイト)香り付け用の液体。タプティム・クロープ(ココナッツミルクとくわいのデザート)や、ロ・チョン・シンガポール(タイ風フラッペ)などのデザートに数滴たらします。日本でいうと、バニラエッセンスと同じような使われ方をします。
tyomiryobutton.gif (410 バイト)うま味調味料
味の素日本人が発見したうま味調味料「味の素」です。タイでも「アジノモト」で通用します。現在ではタイ料理に、なくてはならない調味料となっています。


ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square