logo
レシピ食材レストラン トップページ
左title特集.GIF (2234 バイト)
tbr1.jpg

  
やし右.gif (5206 バイト)WTtitle SD.GIF (2271 バイト)やし左.gif (5218 バイト)
 

Google翻訳のタイ語活用1 PC編

 最近筆者はGoogle翻訳をタイ語に活用する事が多くなりました。Google翻訳はGoogleが提供する翻訳サイトで、2009年からはタイ語が翻訳可能となっています。
  日々進歩しているようですが、文章の翻訳にはまだ使えません。しかし使い方次第では大変便利なツールである事が分かって来ました。
 今回はこの便利翻訳ツールの活用法をリポートします。

 PCの場合、基本定な画面構成は左側に入力欄があり、右側に翻訳欄があります。中央に左右入れ替えキーがあり、翻訳を入力に変えられます。      honyaku1
 入力欄は単語、文章を入力して言語設定、翻訳欄の言語設定も必要です。
 タイ語の言語設定はタイ語入力後、「言語を検出する」キーを押せば「タイ語・自動検出」に表示が変わります。右欄は言語選択バー右端の、検索プルダウンの言語表からタイ語を選択します。
 これで右欄に翻訳が表示され、左欄の下側に音声のアイコンが現れ設定完了です。

 試しに下図のよう例題を入力して見ます。 honyaku2
 例題の日本語は見事にタイ語に翻訳されました、「(だ)から」がเพราะ 「なぜなら」の接続詞に変換されています。これを中央の入れ替えキーで左右反転してみます。   honyaku3  
 意味は分からなくはないですが、接続詞が飛んで良く分らない日本語になります。
 二つのセンテンスあると翻訳精度が落ち、特に接続詞が苦手のようです。

 Google翻訳の活用法

1. タイ語学習に活用
 辞書代わりに日タイ、タイ日の単語検索や一センテンスの文章をを入力して、翻訳を文字、音声で確認出来ます。
 タイ語の表記はタイ語が読めないと参考になりませんので、先ずはタイ語基礎講座で研修をして下さい。
 そして下の関連項目には、翻訳する単語の熟語、例文が表示されます。試しにฟัง を翻訳すると左欄の下に下図のよう、熟語、例文が表示されます。それのどれかをクリックすると、その熟語、例文が入力欄に入力されます。
 この機能を利用すると、単語の使い方を覚える事が出来ます。 honyaku6

 次はヒアリングです。Google翻訳の音声は合成音声ですが相当正確です。当サイトタイ語基礎講座では、この機能を採用して学習効果を高めています。
 左右の欄下側にある音声のアイコンを、クリックすれば再生が始まります。一度目は通常の速度で、二度目はゆっくりした発音になります。

 聞くだけであれば長文でも問題ありません。 試しに里親プロジェクトに掲載されている、中学生の手紙の前半を聞いて見ましょう。
 日本語訳は筆者が訳したものです、それぞれの左欄の音声のアイコンをクリックします。如何ですか合成音声ですが、十分に理解出来る発音です。

タイ語合成音声 honyaku4
日本語合成音声 honyaku5    
 2. タイ語翻訳に活用
 冒頭で翻訳には使えないと言いましたが、タイ語を翻訳出来るレベルにあれば相当に有効です。
 下図が中学生の手紙のGoogle翻訳文です、見ての通りこれでは使えません。 honyaku7
 しかしこれで何が書いてあるのか、全体像が把握出来ます。本来辞書で調べる、知らない単語も変換されます。
 これを原文を見ながら訂正して行くと、一から翻訳するより労力が半減します。

 主な入力方法 

 ・コピーぺーペースト
テキストからコピーして、入力欄に貼り付けます。

・キーボード入力
キーボードを使用します。タイ語は入力欄をタイ語選択すると、下側のプルダウンでタイ語スクリーンキーボードが選択出来ます。

・音声入力
入力欄の下側のマイクのアイコンをクリックすると、マイクがオンになります。驚くほど正確に文字に変換されます、変換ミスがあればキーボードで訂正して下さい。
マイクのアイコン(上図)はプラウザがGoogle Chromeのときのみ表示され、他のプラウザでは表示されません。理由は分りません、差別化でしょうか。

  Google翻訳のタイ語活用2 スマホ編

 


ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square