logo
レシピ食材レストラン トップページ
左title特集.GIF (2234 バイト)

  
やし右.gif (5206 バイト)WTtitle SD.GIF (2271 バイト)やし左.gif (5218 バイト)
 

チェンマイの硫黄温泉郷

googlemap チェンマイから東に40k車で一時間程で、サンガムペーン温泉に到着します。正式名はナムプローン・サンガムペンと言い、東側山脈の山間にあります。
 ナムプローンとは自噴温泉の意味で、タイ人は噴水のように吹き出し湯気を上げる温泉を見て楽しみます。
 ここは国立公園ではありませんが、きれいに整備された広大な温泉公園です。

自噴温泉 自噴温泉は日本では見掛けませんので大変珍しいようですが、タイの他の温泉地でも自噴しているようです。
 温泉に浸かる文化のないタイでは、吹き出さないと温泉とは言いません。火山のないタイですが、地殻から熱水が供給さています。湯量が豊富で高温、泉質は硫黄で硫黄の匂いが立ち込めます。これを利用して足湯、プール等、様々な施設があります。

温泉卵  ここでは鶉の卵を販売しており、温泉卵を自分で煮る事が出来ます。鶉の卵を籠に入れて5分程源泉に浸けて置くと出来上がり、何と鶉の卵には塩がセットで付いています。

硫黄温泉  折角の硫黄温泉ですので浸かって見たかったら、コテージを借りると湯船が付いています。
 直径が2メートル近くあるたっぷりの浴槽、蛇口を開けると物凄い勢いで熱湯が吹き出します、同時に水も出して薄めないと(何か勿体ないですね)熱くては入れなくなります。10分も掛からず一杯にお湯が張れます、硫黄の匂いが心地よく柔らかなお湯でした。

 

 


ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square