logo
レシピ食材レストラン トップページ
左title特集.GIF (2234 バイト)

  
やし右.gif (5206 バイト)WTtitle SD.GIF (2271 バイト)やし左.gif (5218 バイト)
 

タイの卓上調味料セット「クルアンプルン」

 タイでは屋台でも、食堂でも、レストランでも卓上には調味料セット「クルアンプルン」が置いてあり、ナンプラー、砂糖、酢、粉唐辛子4点一セットが基本です。おしゃれな4点調味料トレーに入って置かれています。この調味料セットは特に麺類に威力を発揮、もともとタイ麺は薄味のスープで提供されます。これは後はお好きに調味してね、と言うお店の配慮です。日本人はこれだけでも食べられない事もありません、好みに合わせるならナンプラーを 少々入れるのが良いでしょう。しかしタイ人は違います、まず砂糖をドサッドサッと入れナンプラー、酢を適量、最後に粉唐辛子をバサッと入れて完成です。日本で言われる「クルアンプルン」の意味が分らなかったんですが、調べて見ると(カタカナからタイ語を調べるのは難しいです )薬味調味料でした。
タイの唐辛子は3種類ですがプリック・デーンのデーンは赤色、赤唐辛子です。プリック・キーヌーのキーヌーはネズミの糞、緑色ですがそんな風に見えるんでしょうね。プリック・チーファーのチーファーは空を指差すです。唐辛子の実は上に向いて実ります。それが空を指差しているように見え橙色が多いようです。この三食の使い分けで、タイ料理は彩豊かになるんですね。

 


ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square