logo
レシピ食材レストラン トップページ
左title特集.GIF (2234 バイト)

  
やし右.gif (5206 バイト)WTtitle SD.GIF (2271 バイト)やし左.gif (5218 バイト)
  

第五話 バンコク地下鉄BM

バンコクの中心街シーロム通りは、東西3キロのお洒落な通り。
シーロムはタイ語で風車(風色とも訳せます)、タニヤ、バッポン等外国人向け歓楽街を抱え、古くから筆者の遊び場でした。10年程前から通りに巨大な建造物の建設が始まり、通りは渋滞、段々と暗くなって行きました。
これが高架鉄道BTS(バンコク・トレイン・システム)の建設。今年開通した地下鉄BM(バンコク・メトロ)の工事では、地上に何ら影響がありません。
7/3の開業にはプミポン国王が試乗され、その間全ての駅は入り口が閉鎖されました。8/12まで全線10バーツ均一料金で改札は長蛇の列、乗車券はコイン型のCIチップを買い(自動販売機で行き先を指定してコインを入れます)改札機にかざします。 出るときはコインを改札機に入れて回収されるとゲートが開きます。

試乗の基点にしたシーロム駅はシーロム通り東端に位置し、BTSサラデーング駅から3分の距離です。地下鉄は全線、幹線道路下に沿って建造されていますが、特にシーロム地区は通りの両側に高いビルが建っていて地下の利用スペースが限られます。
その為、改札とプラットホームは上下3階建て、凡そ地下40mにも及ぶ大深度。プラットホームは地下鉄風を防ぐ為に完全フードと先進的、車内はBTSより狭く都営大江戸線並みでシンプルな作りです。
    
さて試乗です、先ずは南側の終点となるファランポーン駅まで行って見ます。当駅は北部、東北部への玄関口、タイの上野駅と言ったところ、中華街ヤワラートの入り口にも位置しており重要拠点です。
通常タクシーで行けば渋滞で30分以上は覚悟しますが、BMでは何と2駅5分で到着。ここからもう片側の終着駅バーングスーまで18駅凡そ50分、コの字形に軌道を描いてファランポーン駅の北に位置します。
今度は基点から反対に、もう一つの繁華街スクムウイット通りに行って見ます。やはり4駅10分と実に快適、ここでもBTSとアクセスが可能です。これ以降バーングスーまでは凡そ日本人の行動範囲ではないでしょう。

筆者が来タイするようになった18年前には、バンコク市内は路線バス(1.5バーツ)と三輪タクシーだけが移動手段でした。路線バスは冷房も扉もなく(これは便利でしたが)、いつも満員で中々座れません。車体に経路ナンバーとタイ語で経路が書かれ、路線図と経路ナンバーの照合なしには利用不可能。
三輪タクシーは料金交渉で吹っかけられ、何時転倒するかと辟易。その上世界一と称された大渋滞でいらいらが募り、移動するだけで消耗する日々でした。それを考えると隔世の感があります、メータータクシー、高速道路網、BTS, BMと交通機関が整備され、現在では自在に行動が出来るようになりました。高速道路網、BTS, BMは今後路線が延長され、益々便利になるバンコクです。

 



ご意見ご感想をお寄せください
Copyright & Legal Info (C) since 1998 by
Office Thai Square